のんびり性格の看護師におすすめの療養型病床の仕事とは

療養型病床とは、比較的安定した医療処置の患者さんが入院している病床です。
これとは大きく異なるのが積極的で緊急の医療処置が必要な「急性期病院」です。
さらに「療養型病床」と「急性期病院」との違いは看護師の定数です。
医療処置が少ない療養型病床では看護師の定数も少ないのです。
このあたりがのんびりした性格の看護師には養型病床が向いている理由です。

療養型病床には
・医療保険で運営されている医療療養型病床b
・介護保険で運営されている介護療養型病床
があります。
ですので入院されていおる患者さんの層に大きな違いもありあmす。

療養型病床の看護師の役割は、入所した人の安全に生活できるようにすrつことです。
ですから医療の専門職としてのリハビリテーションや介護職の人たちとのリームワークも大事になってきます。
医療処置だけでなく、
全身状態の観察
合併症の予防
急変時の対応
病棟の感染予防対策
看取りなどのターミナルケア
リハビリテーション
など治療以外にもたくさんの役割が課されています。
特に現在は高齢化社会であり、お年寄りの入所もたくさん増えてきています。
また医療の高度化も進んでいます。
ですので療養型病床の看護師には的確な判断力とともに生活者としての視点も大切になってきます。

生活を送るうえで援助が必要な患者さんいは適切な医療処置を飲粉います。
たとえば、
呼吸が楽にできるように機関に開けた穴から痰を吸引したり
灰の意機能が低下した患者さんには必要な酸素を投与したり
食事を摂れない患者さんには胃ろうなど胃にあけた穴の管を通して栄養剤を送り込む
など治療だけではない側面もたくさんあります。
そpれはなによりも、安全に生活してもらうためです。

最近では介護療養型老人保健施設への受け入れが難しい人もたくさん増えてきています。
その中には高度な医療処置が必要な方や認知症が進んだ高齢者も多く、今後は受け入れ先の看護師などの医療体制の整備もすすめ、今後は介護療養病床は少なくなっていく方向へと向かっています。
看護師 性格 のんびり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です