介護事業所は地域とのつながりも大事!常に良好な関係作りを

介護事業所は地元とのつながりが大事です。
特に地元の高齢者の窓口になる「地域包括支援センター」との関係性は重要です。
地域包括支援センターは介護だけではなく、保険や医療、福祉などについても取り扱っています。

ですので介護事業者は地域包括支援センターとは緊密に連絡を取り合い、高齢者が暮らしやすい社会の構築を目指さなくてはなりません。

介護事業もサービス業という側面もありうため利用者の獲得は重要なポイントです。
利用者が高齢者である以上、一定の周期で入れ替わるのは仕方ありません。
そのためには「営業」も必要なことも知っておきましょう。
今では介護は儲かる業界と様々な分野の企業が参入してきています。
ある意味、すでに過当競争な状態でもあるのイです。
ですので、待っているだけでは利用者は回ってこないのです。

ですので、地元地域での介護に関する勉強会にも積極的に参加したり、自治会や町内会にも顔を売っておかなければなりません。
「今度できた●●という介護事業所、勉強熱心だ」
という印象が広がれば利用者獲得にも一役買います。
地元を大切にするスタンスは地域住民の理解にもつながります。
例えば細い道での利用者墓送迎、
時間のかかる高齢者の車の乗り降り
時に渋滞にもなります。
そんな時でも地域の方が理解してkれレバ助かります。

病院やクリニクには定期的に挨拶に行っておきましょう。
多かれ少なかれ近隣の病院位はお世話になります。
利用者の急変対応や事故等に備え、挨拶も含めて定期的に挨拶には訪れておきましょう。
さらにこんな時節柄、病院には感染症の予防対策などでも力を借りなければなりませんからね。

また医療機関だけでなく他の介護事業者ともコミュニケーションをとれるようにしておきましょう。
たとえば訪問看護事業者などもあります。
あるいは同じ分野の介護事業所同士でもライバル視するのではなく、有益な情報交換できる関係が望ましいです。
介護職 やってられない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です