実家の遺品整理で自治体の不用品回収日を待ってられないなら

実家の遺品整理は一気に終わらせなくてはなりません。
なぜなら他の兄弟たちとのスケジュール調整が大変だからです。

そんな中で実家の粗大ごみはどう処分すればいいのでしょうか?
できれば自治体の不用品回収の日のタイミングに合わせて行えればいいのですが、忙しい兄弟や遠方に住んでいる兄弟たちのことを考えれば、なかなかうまくタイミングも会わせられません。

そこで一気に実家の遺品整理を行うのであれば
実家の不要な粗大ゴミは軽トラをレンタカーで借りてでも自分たちで持ち込む
という方法も考えておきましょう。
粗大ごみは自分たちで自治体の環境センターなどに持ち込むと処分しててくれます。
いちいち自治体の不用品回収のスケジュールに合わせていてはいつまで経っても実家の遺品整理は終わりません。
忙しい兄弟たちとのスケジュール調整を考えたら一気に終わらせたいものです。

自治体の処分場への持ち込みには「軽トラ」や「ワゴン車」が便利です。
やはり実家の地域のレンタカー屋に連絡して「軽トラ」をレンタルするのが一番効率的です。

ただし、自治体の処分場のスタッフは、粗大ごみの積み下ろしや積み込みなどは手伝ってはくれません。
ですからある程度の男手は確保しておきましょう。
また、自治体の処分場もお役所の出先機関ですから土日祝日hがお休みのところが多いので、荒kじゃ締め確認しておきましょう。
自分たちで持ち込めば、民間瘀片付け業者に依頼するよりは各段位費用が安くすみます、
出来るところまで処分して、どうしても自分たちでは処分できない物だけを民間の片付け業者にを頼むのも良い方法です。

ただ、1階に引き取ってくれる量や点数に制限があることにも注意しておきます。
処分する物は予め決めておかなければなりあm線。
また大きな家具やカーペットなど、一度に軽トラに載せきれないこともあります。
その場合は、処分場と実家を何度か往復する子tになるので
レンタカーを-借りる時間も余裕を見ておきましょう。
築40年の家の価値